2015年12月17日 (木)

理想って?

しんどいけどやりがいのある仕事。
楽だけど、やりがいの無い仕事。
この2つの項目で、私は就職先を考えていた。
そして、今『給料』という項目を目の当たりにしている。
『最初の職場が最後の職場ではない』
就職活動中に何度も聞いたせりふだが、今それを実感している。
やりがいを求めるなら、いずれ自分で作ればいい。
そのために、割り切ってお金の為に働くか、いずれの為にプラスになる仕事をするか?
仕事でやりたいことができるなんて、ほぼ不可能に近い。
だからこそ、自分で作るしかない。作り、持続させるという行為がやりがいにつながるから。
私は、仕事にやりがいを選んだ。今は、確かにやりがいを感じている。でも、もっとやりがいを感じたい。そのための資金が今の仕事ではたまらない。
会社に雇ってもらうのに、やりがいを求めすぎて進めない人。いずれ、自分の理想を作るために、今は妥協することも重要だと思います。
私は、何とかお金を貯めて、動き出します。絶対に!!

2015年9月25日 (金)

背筋がピンっ

ひさしぶりにお友達のNさんとじっくりと話しました。楽しい一日でした。Nさんは仕事熱心な人で彼女のペースでどんどん前進していく様子を感じて、私は自分がこれからどうしていきたいのかを考えたくなりました。背筋がのびる感じ。
 
私はお金を稼ぐことに対する興味と能力にかけていて正義感が強い。優柔不断で社会性に乏しい。友人には恵まれている。こんな私にできることって・・・こう考えると今ボランティアの活動をしているのは正しい方向かもと思いました。能力を磨いてよりよいものをプレゼントできるようになりたいです。

2015年9月16日 (水)

引越しのお手伝い

今日は中国人留学生のUさんの引越しのお手伝いに行ってきました。2時間位でだいたい終わり、Uさんも、これからUさんと一緒に住むCさんも喜んでくださってお昼までご馳走になりました。大連出身のシェフの店で本格中華を味わいました。しあわせでした。お店にいた他のお客さんがUさんたちに「日本語が上手だね~」と感心してくれて私もとってもいい気分でした。
ひとつ気がかりなことを聞きました。Uさんは日本語が上達して、最近販売のバイトが決まってがんばっていました。ところが今日、そのバイトをやめたことを聞いたのです。理由はお金を扱うので、お金が合わなかったりすると疑われるというのです。気持ちが悪いので製造の仕事をすると言っていました。これって差別だなあ。怒りのために涙が出そうになりました。バイトが決まったときUさんも私もすごく喜んでいたのに。Uさんが今まで住んでいた家の大家さんも感じが悪く人を見下すような態度でした。むかついたわ~。同じ日本人として情けない気持ちになりました。あの大家さんは誰に対してもひどいのだと思うけれど。
今日はマイナスなことを書いてしまいました。でも事実なので仕方ないです。きっと世の中は少しずつよくなる!と思っていたいなあ。

2015年9月 1日 (火)

からだのこと

先日お友達の東洋医学がご専門の方に最近の体の不調について相談し、来週から週一で体のメンテナンスに行くことにしました。按摩と鍼です。その日はいろんなお話を聞いてもらったり、一緒にランチを食べたりしただけなのに元気になってしまいました。不思議です。おかげで体調がいいのですが、やはりメンテナンスは必要だと思うので続けて通いたいです。人を癒すお仕事ってほんとに憧れます。

2015年7月12日 (日)

スースース?

先週だかその前だか、NHKの朝の全国ニュース見てたら、ウォームビズの特集やってました。
女性アナウンサーが
「・・・首もとがスースーしますよね?そこで・・・」
スースーする?
これって標準語でしたっけ?
九州限定じゃないの?
九州以外の方、どうでしょうか?使います?
それにしても早くスースーしてほしいです。
(今日も暑い!)

2015年1月27日 (火)

映画代を安くする二つの方法

映画を無料で観る方法: 映画代ナビ」のサイトでも詳しく紹介されています。

映画館で見れて、なおかつ映画代を安くするには前売り券を買うのが良い方法です。前売り券は当日券よりも安く売られているだけでなく、おまけの商品が付いていることもあるため、結構お得なのです。前売り券の料金は劇場によっても違いますが、まず間違いなく当日券よりは安いので、節約をしたいときには有効な手立てです。

また最も映画代を節約できる方法というのが、試写会に応募するというものです。試写会の料金はタダなので、一番良い方法なのです。ただし応募制なので必ず試写会に行けるわけではないというのがネックですが、行動しなければ何も始まりませんので、当たればいいなという気持ちで試写会に応募するのがいいかなと思います。

2014年12月 8日 (月)

節約術 -買物編-

 一番の節約は、”買物に行かないこと”ですねぇ。行かなければ買わないし・・・。とにかく不必要な物を家に持ち込まないことが、家庭内の余計なエネルギー消費をカットすることにつながると思います。そのためには、
●バーゲンや特売で、「とりあえず買っておこう!」をやめる。
●時間潰しに100円ショップには行かない。
●スーパーやデパ地下に腹ペコで行かない。
●100円ショップで欲しいものは、すぐに買わずに一度考えてみる。
スーパーに行く時は、マイバック持参です。うっかり忘れることもあるけれど・・・。

2014年12月 2日 (火)

ストレス解消法は何ですか?

 私は、ここ2年程、データ入力のパート仕事をしています。先日パート先で、私よりも10歳程若い子(主婦歴3年)にこう聞かれました。
「むーちゃんのストレス解消法は何ですか?」
 ”ストレス解消法”ね~。改めて聞かれると何でしょうか??彼女は、”家事放棄”と”買物”らしいのですが、、、私がそれでないことは確かです・・・。
 結婚した当初は、イライラした時に、「このイライラ度は、○○○○円分!!」とかって勝手に決めて、お金を使っていた時があったような・・・。
 ”ストレス解消”というのは、ストレスを感じていることが前提です。
 最近の私は、ストレスを体内に入れたくないのです。ストレスを持ち込みたくない・・・。30代もいい加減越えてくると、ストレスを感じることすら、ストレスなのですよ、多分・・・。
 「とりあえず、全部をそのまま受け入れちゃうことかなぁ~」
 彼女にはそう答えておきましたが、分からないだろうな・・・。あと10年もすれば分かるよ、きっと・・・。
 ですから、私の興味は、ストレス解消法ではなく、”ストレスをストレスと認識しない方法”とか”ストレスを変換して体内に持ち込む方法”ということになります。
 
 そのヒントは、以前にご紹介した、岡田多母さんの、「トコトワの人生十箇条」に見出せます。皆さんもよろしければ、参考にしてください~♪
 トコトワの人生十箇条
1 あれこれ分析しません。
2 不平を言いません。
3 自分を他人と比較しません。
4 他人が自分のために何かしてくれるだろうと期待しません。
5 回りに完全さを期待しません。
6 知識のみ留意します(知識という側面にのみ目を向けます)。
7 変化が常なることを受け入れます。
8 問題は全て自分自身の中にあります。
9 いつも自分自身でいます。
10 いつも笑顔でいます。
 私の場合は、3は、昔から何故か、身についていますので、、、4、5、8あたりを意識できるようになってから、かなり楽です~♪

2014年11月 3日 (月)

LOHAS市場の5つのカテゴリー

LOHASは商業的なキーワードとしても取り上げられ、そのカテゴリーは5つあると言われています。(関連HPによる)
1,Sustainable Economy(持続可能な経済)
再生エネルギー、省エネ商品、都市緑化、社会貢献活動など
2,Healthy Living(健康的な生活)
オーガニック、自然食品、有機野菜や化学添加物の少ない食品、健康食品、パーソナルケア商品
3,Alternative Healthcare(代替医療ヘルスケア)
自然治療、予防医療、補足的医薬、ホメオパシー
4,Personal Development(自己啓発)
ヨガ、習い事、フィットネス、能力開発、精神性向上、人間関係への時間投資
5,Ecological Lifestyles(環境に配慮したライフスタイル)
エコな家やオフィス、エコ関連商品、リサイクル商品、環境にやさしい商品など
LOHASと一言で言っても、こんなにたくさんのジャンルが・・・。自分の生活に当てはまること、知らず知らずにやってることって案外ある?!って思いませんか??

2014年8月 8日 (金)

LOHASとは

 ”LOHAS”とは、関連HPによりますと、”Lifestyles Of Health And Sustainability”の頭文字をとって作られた造語で、1998年にアメリカの社会学者ポール・レイ氏らが、新しい生き方を提唱したのが始まりということです。
 コンセプトは、「人間の健康と環境の保護を最優先し、持続可能な社会のあり方を追及する、新時代のライフスタイル」。簡単に言うと、節約したり、省エネ、リサイクルを心がけたり、自己治癒力で身を守ったり、安心・安全な食生活を心がけたり・・・それがLOHAS的な生活です。
 自分らしい生活を楽しみながら、人々の幸せを想ってみる。少し地球のことを想ってみる。LOHAS的生活をする人が増えれば、大きな社会の流れになっていくと思います。
 無理することなく、負担に思うことなく、自分にできる小さなことからLOHAS的生活を始めてみませんか?

«本が読めない人

無料ブログはココログ