トップページ | LOHASとは »

2014年8月 2日 (土)

本が読めない人

いつもこのブログを読んでくださる方、どうもありがとうございます♪
 最近では、「LOHASって何だったっけ・・・?」と自分でも時々思ってしまう程、タイトルを無視した内容になっていたりして・・・!?それでも”こだわらず”読んでくださる方に、本当に感謝しています・・・。
 私は結構”筆まめ”な方で、メールを書いたり、手紙を出したりは好きなのです。
 しかし、何故か、本が読めない人(読まない人)なのです。小中学生が結構ハマるコミック雑誌も面倒くさくて読めず、単行本も1冊も持っていませんでした。高校時代も、文学作品は、教科書や問題集に引用されている所や概要本しか読まず、そこそこ読んだのは、赤川次郎と夏樹静子・・・。大学生になってからも、必要最小限の本しか読みませんでした。今でも、新聞はとっていないし、ファッション雑誌なんかも全く読めません。
 おかげで、視力は良いのです・・・。社会人になって、正社員→派遣社員→パート社員と、コンピューター関係の仕事ばかりに就いているのに、視力は1.0~1.2くらいあります。
 そんなことはなんの自慢にもならないのですが・・・。
 でも、面白いことに、フィーリングとタイミングが合った本は、ものすごい勢いで読めるんです・・・。その本は、難しい本が並ぶ旦那の本棚の中にある場合もありますし、本屋でたまたま見つける場合もあります。ひょんなことから注文する場合も・・・。出会いはさまざまですし、ジャンル、内容、文体も様々・・・。
 同じことがブログにも言えまして・・・。
 当然、ブログも読めないのです・・・。いろいろな人のブログを読んでみたいのですが、読めません・・・。
 でも、本と同様、フィーリングとタイミングが合ったブログは私のお気に入りになります。開いてみて、本当に少しだけ読んで、即座に、気に入ります。(しつこく私からコメントが届くブログの方、ご迷惑おかけしますが、気に入っています♪)その後なんですよね、「この文章、やさしくてステキだわ~」とか「この方、なかなか、深いわ~」なんていう感想が思い浮かぶのは・・・。
 これは何を意味しているのかしら?旦那に聞いてみました。
「こういう状況って、”言霊”かなぁ~、それとも、”シュワルツの仮説”かなぁ??」
「そんなに難しいものじゃなくって、単なるフィーリングじゃない??」気のない返事・・・。
 確かに”フィーリング”には違いないけど、”何か”あるに違いない・・・!!
そう言えば、旦那の本棚に、言霊の本があったはず!
”言霊の法則” 謝 世輝 著
パラパラとめくってみる・・・
「あー、ごめんなさい、あなたじゃないみたい・・・」
 ”言霊”のことは気になるけれど、この本は読めない私なのでした・・・。

トップページ | LOHASとは »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2084275/58210509

この記事へのトラックバック一覧です: 本が読めない人:

トップページ | LOHASとは »

無料ブログはココログ